強いインパクトを出すゴルフスイングの打ち方について紹介しています。

インターロッキングのグリップをやってしまうと両手の一体感が出過ぎてしまうので、右手を自由に使うことができませんおすすめしてるのはオーバーラッピング、ないしは力の弱い右手の使い方がなかなかできない女性にはテンフィンガーをおすすめしています。
オーバーラッピングでやってみます。
ボールがスタンスの中央で、グリップの位置は左内もも。
ここから左手を上に向けながら、コックをしていきます。
左腕が地面と平行になる段階でコックが完了しています。
左腕とシャフトが90度になっています。
このあと腕を上げられるところまで上げていってください。
それがトップです。
決して体を回したりする必要はありません。
左の足、左ひざを前に出すと、胸は後ろを簡単に向いてしまうので、バックスイングはそれで結構です。
決して左手をしっかり持って肩を回したりするようなことはしないでください。
左のひざを前方に出すと、簡単に身体が飛球線の後ろを向いてくれます。
これでトップオブスイングが完成です。
あとは右手でUの字を書くように下してきます。
早めにダウンスイングはキャストします。
身体の側面へ下します。
下すと身体は自然と前にターンしていきますから自然とボールに当たります。
Uの字を書くようにするだけで、簡単にボールに当たって行ってくれます。
打ったあとのフォロースルーやフィニッシュは考えないでください。
いいインパクトをすると、いいフォロースル―といいフィニッシュにしかなりません。
でも、いいフォロースルーやいいフィニッシュを取ろうとしてもインパクトは出来ないので、インパクトまでを大切にちゃんとやってください。
ゴルフ上達させたいなら!→ゴルフ インターロッキング グリップ

関連記事

    None Found