「転職に悔いなし」という結果になるには、転職活動を開始する以前に現状の確認と目標を決めて、看護師向けの求人サイトなどで情報収集をして、詳細に比較を行ってから実際の行動に移ることが大事なのは言うまでもありません。
「細心の注意を払って転職するべき」と聞くことがありますが、転職した後で「思っていた待遇じゃない」というふうにならないためにも、早くからの下調べとか入念な準備が絶対に重要だと言えるでしょう。
意を決しての転職、是非とも理想に沿った勤め先に勤めたいものですよね。
せめて、以前勤めていたところよりも待遇が理想に近付かないと、転職を実行したことが無意味なものになりかねません。
担当のアドバイザーは、募集部門の看護師長がどのような性格の人であるかや好みまで掴んでいるらしいですね。
こんな貴重な情報というのは、関係者以外は簡単に得ることは不可能なものばかりです。
定年年齢になるまでずっと離職をしない看護師はほとんどいなくて、看護師の勤続平均期間は6年程度です。
長期勤務には向いていない職業だということがわかります。
年収も給料も高水準です。

転職を考えている病院などの環境や内部の事情について、先に掴んでおきたければ、専門の看護師転職支援会社などにお願いして、所属しているキャリア・アドバイザーから情報を直接聞くといいでしょうね。
病院内の上司、同僚との関係が複雑で転職に踏み切ったのに、再就職した職場のほうが一段と人間関係がよくなかったという場合もあるようです。
再就職を決心する前に、きちんと調査・情報収集することが大事なのを忘れてはいけません。
大学を4年間通ってから就職した看護師さんと、高校と専門学校卒業の看護師さんとでは、年収の違いは10万円以下、多少月給と賞与が異なると言えます。
世間には公開を控えている、応募が多い病院あるいはクリニックなどのいわゆる非公開求人を教えてくれるところが、看護師転職サイト一番のメリットとなっています。
全般的に言って集合型求人サイトには、職務経歴書であるとか履歴書が記録される機能が備わっています。
初回に必要事項を登録しておけば、サイトを通して求人者から連絡を受けるケースも多くなります。

特に20代という若い女性看護師のみだと、5割以上の方達が転職サイトからの支援を受けて転職を実現させていて、職業安定所(ハローワーク)や求人情報誌を使っての応募より、格段に多いというわけです。
職場内の人間関係や雰囲気など、利用者の多い看護師転職サイトには、応募希望者が先にどんなことをしてでも教えてもらいたい情報が、いっぱいあります。
学歴の差と転職の経験数との相関関係については、明言できませんが、正規の看護師として働き始めた際の年齢が、転職した回数のベースにあると考えられます。
通常の看護師は、生まれ育った土地の学校を出て、地元でそのまま就職します。
結婚に伴って家庭を持てば、看護師不足が深刻な土地で就職するために、「単身赴任」することは非常に困難です。
今以上に理想的な職歴や条件をつかみとることを目的として、再就職や転職を“職業人生の華々しいステップアップ”なんてポジティブにとらえている看護師の方だっていくらでもいるのです。

↓↓詳しく知りたい方は、こちらをご覧下さい。↓↓
ナース人材バンク

関連記事


    同世代の一般的な女性の年収と比べてみると高いけれど、体力だけじゃなく心理的にもタフさが要求される仕事ですし、泊りを伴う夜勤もあることを考えれば、それほど高給とも言い切れません。 転職を検討している訳と…


    求人募集がスタートされると、即刻応募者が満員になってしまう場合が多いいい待遇の非公開求人も、看護師転職サイトで利用登録を済ませておけば、先だって案内してもらうことも可能なのが魅力です。 現場の実際の環…


    看護師として勤める場所は、主に診療所、病院などになるのではないでしょうか? 詳細なリサーチを済ませておく必要があるのはもちろん、実績のある看護師専門の就職サポーターによるカウンセリングも必要だと断言し…


    雇い入れる病院としては、看護師の人数が十分ではない状況に悩まされ続けているので、待遇にこだわらなければ、100%近い確率で就職先が見つかる状態にあるのです。 専門職である看護師とはそういう職業だという…


    毎月のお給料やボーナスは確実ですし、派遣やアルバイト、パート勤務の時の時給だって他の職種より好条件であり、求人も常にあるので、資格の力が大きいお仕事だということはゆるぎない事実です。 転職希望の看護師…