誰でも手軽に借りれる消費者金融はあるのか?
審査が不安な方へ、審査に通るポイントや審査落ちしないコツをこちらでまとめてみました。
安心して借りられる消費者金融はこちらです。⇊
誰でも借りれる消費者金融とは?おすすめはアコム?【審査に通る】

一般的に消費者金融のキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利と言われています。
消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。
最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1200万円まで借り入れることが可能です。
ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが誰でも借りれる消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。
又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。
カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。
郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。
審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。
ちなみに、パソコンやスマホからだとローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。
メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。
消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。
その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。
これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。
多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。
完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。
消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。
貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。
総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。
従って、収入が0の専業主婦たちは誰でも借りれる消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。
ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。
消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。
過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。
誰でも借りれる消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。
要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。
又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。
カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。
毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。
返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。
ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息を安くする一番有効な方法なのです。
ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。
複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。
結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。
そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。
一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。
そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。
消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。
昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。
金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行に勝っています。
借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。
また、レディースローンを提供している誰でも借りれる消費者金融もあるので女性でも借りやすいと人気です。
消費者金融業者の借入れ条件やデータはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。
各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。
個々の誰でも借りれる消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので誰でも借りれる消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。
更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。
又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。
消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。
バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。
近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。
最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。
しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のCMだか分からないという声もあがっています。
消費者金融のキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。
カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。
住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。
カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。
返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。
消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。
それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。
消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。
銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。
これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。
ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。
お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでキャッシングするという方法があります。
以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。
金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で銀行と消費者金融の金利を比較すると一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。
しかし、銀行カードローンの中には誰でも借りれる消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるため必ずしも誰でも借りれる消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。
住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。
住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。
これに対して、カードローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。
そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を用意する必要もありません。
何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。
人気が高い金融機関の評価ポイントは低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。
しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。
人気ランキング上位を見てみるとどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。
条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。
又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

関連記事


    審査があっという間で、手間なしで現金を手にすることができる消費者金融を ランキングにてご案内します。 「いきなり食事に行くことになった!」といった緊急時に、 短い時間で入金されるのは助かるものです。 …


    無保証のキャッシングが可能とは保証人を用意する必要がないことを表しています。 「保証人」の役割は何かというと、例えばお金を借りた後になって返せないケースで利用客の代わりとして償却することになっている人…


    貸金業法の改正によって生まれた総量規制は、過度な借入れができないようにして、我々消費者を守ってくれるルールなのですが、「総量規制の条件に当てはまってしまうと、一切貸し付けしてもらえなくなる」という決ま…