はじめに

ゼロファクターを使ってみようという男性は、髭の濃さに悩む人なわけですが、そこでよく言われるのが「青髭」という表現ではないでしょうか?剛毛の髭で、朝一回髭を剃っても、夕方にはもう髭が目立ち、一日に二度剃りするという苦労をしている男性は、例えば身だしなみに気を遣う営業マンに多いとみられますが、このように、人並みに髭を剃っているにも拘わらず、暫くするとまるで髭剃りをさぼっているかのように髭が目立つ人は、まさにこの青髭の悩みを抱えている人です。

青く見えるのは、皮膚表面下に残って透けて見える髭

髭剃りを本当にさぼったならば、髭がまた生えてきて、いわゆる無精髭の状態になり、外見上だらしなく、また、不潔に見えるのも当然なわけですが、青髭の場合は、髭剃りをした直後でも、外見が「青々」しているので、それでも髭剃りをさぼっているように見えたり、だらしなく思われるのは損なことです。こうした青髭の原因は、皮膚の表面下に残ってしまう髭です。髭を剃ると、例えば木を切る時に地表から上に出ている部分を切って、地表には切り株が露出し、地表下には根が残ったまま、というのと同じ状態です。地面と違い、皮膚は薄く透けて見えるので、毛穴の中にまだ残っている髭が青く見えてしまうのです。毛根まで根こそぎなくしてしまわない限り、この事情は変わりません。いくら深剃りしても青髭が治らない理由です。

髭が透けて見える皮膚でなければ、青髭ではなくなることも

髭を抜いてしまうのではなく剃るだけなら、必ず毛根部分がまだ皮膚表面下に残りますから、それが透けて青く見えて青髭となるわけですが、見かけの問題ですから、根本的な解決の代わりに見かけの解決も考えられます。例えば、色白の人は青髭が目立ち易いですが、日焼けしている人は青髭が目立ちにくいことが知られています。つまり、髭の方ではなく、皮膚の色に着目するわけです。青髭用のコンシーラーも販売されているので、これで皮膚表面下の髭を目立ちにくくする方法があるのです。

ゼロファクターは、青髭の根本的対策となる抑毛剤

ゼロファクターは、あくまでも髭に対する対策です。剛毛の、太く濃い、高密度で生えている髭を、細く、薄くして低密度にし、更には生える速度も遅くすることで、青髭を目立たなくするという、抑毛効果を発揮する髭コスメアイテムです。青髭用のコンシーラーは即効性があるかも知れませんが、一時しのぎです。ゼロファクターは、効果が実感できるまでに3ヶ月程は掛かりますが、こちらの方が根本的な対策なのです。

こちらのサイトが非常に参考になりました。
ゼロファクター

まとめ

青髭は、髭剃りした後も皮膚表面下に残る毛根部分が皮膚から透けて見え、特に太く濃い髭の人で、しかも肌が白いと目立ちます。どんなに深剃りしても、皮膚表面から外に出ている髭しか剃れないわけですから、青髭は治りません。一時しのぎとしては、青髭用コンシーラーを塗り、皮膚が髭を透けて見せることを防ぐ方法もあります。根本的に対策するのであれば、髭そのものを薄く細く、低密度にして、しかも生える速度を遅くするという抑毛がベストです。ゼロファクターは、そのような抑毛効果を発揮する髭コスメアイテムです。

関連記事


    ゼロファクターはいつ使うのか ゼロファクターの5αSPローションは、肌を清潔にしてから塗ることが基本です。 化粧水や塗り薬と同じ感覚です。 きれいにしてから塗る方が、より良い効果を得ることができます。…


    男性にはヒゲが付き物です。濃い、薄いと個人差はありますが、多くの男性が毎日ヒゲの処理をしなくてはなりませんよね。 毎朝ヒゲを剃るのは当たり前と思っている人も多いでしょうが、最近ではヒゲ自体を何とかして…


    ゼロファクターを買ったけれど思ったより効果を実感することができなかったり、もうちょっと違う商品を試してみたいといったときに解約を考えます。 いざ解約したいとなったときにスムーズに解約できるよう、その方…


    肌が炎症を起こす要因だと指摘されるのが自身で行うムダ毛ケアです。 カミソリは毛と一緒に肌を削るようなもので、負担も大きいわけです。 ムダ毛に関しては、永久脱毛で除去してしまう方が肌のためだと言えそうで…


    ジョモリーは痛みもピリピリも無く、 肌に負担をかけることなく剛毛が薄くなっていきます。 ウッソーーーホント!正直ここまで期待はしていませんでした。 とても良い商品だと思います。 ただいま5月、今年の夏…