髭が濃いとカミソリや電気シェーバーで剃ってもブツブツとした黒い点々が残ることがありました。
見栄えが気になる男性の場合は悩みの種となりますが、そんなときは髭脱毛して悩みを解消すると言う方法があります。
髭脱毛の方法と言っても、髭脱毛クリームや家庭用脱毛器、メンズ脱毛サロン、医療機関などいろいろな方法があります。

 

髭脱毛クリームの特徴

髭脱毛クリームには体毛を抑える成分が含まれています。
期間が経過するごとに髭が薄くなっていき、普段の髭剃りが楽になると言うのが一番のメリットです。
カミソリや電気シェーバーで剃っても毛周期によりすぐに髭は生えてきます。
生えては剃る、生えては剃ると言ったことを繰り返すと皮膚への刺激が強すぎて荒れることがありました。
しかし髭脱毛クリームなら髭剃りの回数じたいが減っていくため、皮膚への負担を和らげる作用まで期待することが可能です。

 

家庭用脱毛器の特徴

家庭用脱毛器にはフラッシュ式、レーザー式などがあります。
フラッシュ式は光エネルギーで毛根にダメージを与えています。
ただし出力は弱めなので脱毛効果も低くなっています。
レーザー式はフラッシュ式より高出力のために脱毛効果も高くなっています。
濃い髭の脱毛に用いる場合はレーザー式の家庭用脱毛機のほうが良いです。
フラッシュ式より照射範囲が狭いと言うデメリットがあるものの、髭の場合はそれ程広範囲な部位では無いために問題ありません。

 

メンズ脱毛サロンの特徴

メンズ脱毛サロンではフラッシュ脱毛、ニードル脱毛が受けられます。
フラッシュ脱毛は業務用の脱毛マシンを使用しており、家庭用脱毛機より脱毛効果が高いです。
しかし永久脱毛はできませんので、毛周期により髭がまた生えてきます。
ニードル脱毛なら永久脱毛ができるため、濃い髭の悩みはそれで解決です。
1本1本処理するためにデザインし易くなっています。
その代わりに痛みが強いと言うデメリットがあります。

 

医療機関の特徴

医療機関では医療レーザー脱毛が受けられます。
メンズ脱毛サロンのフラッシュ脱毛より高出力なレーザーを照射しており、永久脱毛できます。
痛みが強くなりますが、医療機関なので麻酔をかけることが可能です。
料金が高額になりますが、回数が少なめで済むと言うメリットがあります。
1回ごとで料金支払できる医療機関なら、まとめて支払できない場合でも大丈夫です。
メディカルローンのある医療機関もあり、毎月無理の無い範囲で分割払いすることが可能です。

髭脱毛クリームや家庭用脱毛器では自宅でいつでも行えますが、メンズ脱毛サロンや医療機関では通うことが必要です。
これらの髭脱毛の方法から自分に合ったものを選ぶと良いです。(参照:脱毛 ひげ

 

 

関連記事

    None Found