女性ホルモンとはエストロゲンとプロゲステロンのこと

人間の身体に密接な関係があるホルモン。40あるホルモンのうち、女性関連で有名なものは、脳のすぐ下にある下垂体や卵巣から分泌されています。

前者に当たるのが「黄体形成ホルモン(LH)」と「卵巣刺激ホルモン(FSH)」、後者に当たるのが「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」です。
そして後者のエストロゲンとプロゲステロンを称して「女性ホルモン」と呼ばれています。
ニキビと女性ホルモンはどのような関係があるのでしょうか?

女性ホルモンがニキビに及ぼす影響

エストロゲンは女性の体を女性らしくしてくれるホルモンです。
月経や妊娠という女性特有のことに関係していて、妊娠しやすい身体にする作用があります。
プロゲステロンも子宮内膜の肥大や妊娠の継続に関係しているのですが、増加すると月経中のイライラなどが高まって精神的に不安定になり、肌荒れや便秘など多くの女性が悩まされることを誘発します。
実際として、プロゲステロンはエストロゲンの過剰な作用を抑えてバランスを保つ働きをしているのです。

プロゲステロンの原料は男性ホルモンと同じくコレステロールで、構造も男性ホルモンと類似しているため、皮脂分泌を促す作用も男性ホルモンと同じように持っています。
皮脂の量が多くなると、ニキビができる可能性も高くなります。

妊婦さんとニキビの関係を女性ホルモンの点から見ると、妊娠初期にはプロゲステロンの分泌が増加するためニキビができやすくなり、妊娠中期=約15週目以降はエストロゲンの方が増えるので状況は改善してきます。

ルフィーナについて、こちらにも詳しく書いてあるので参考にしてください
⇒ ルフィーナ 口コミ

関連記事


    年齢が影響して代謝が落ちてしまったのか身体に今までになかった変化を感じるようになりました。 良い変化であればいいのですが、悪い変化ばかりなので困ってしまいます。 身体に感じている悪い変化で私がいちばん…