赤ら顔や酒さの化粧品としてネットでよく見かけるのがしろ彩とウルウ。
どちらも肌の赤みケアとして評判がよく話題の化粧水となっています。
悩みを解決するための化粧水なのでどちらがいいのか気になりますし、
効果を実感できる化粧水を選びたいですよね。

どちらの化粧水も肌の乾燥で肌が赤くなり、
保湿をして肌の赤みを改善していくというのは同じです。

また敏感肌や乾燥肌のように肌が過敏になっている状態で使用するため、
無添加にこだわって作られているのも同じなんです。

じゃあなにが違うのかっていうと、
配合成分や成分の数で肌の赤みの働きかけの仕方に違いがあります。

しろ彩には毛細血管が透けて肌が赤くなってしまった部分を
海洋性エキスで血管に働きかけて赤みを抑えるという化粧水です。

一方、ウルウは肌のバリア機能が弱まって肌が乾燥しやすくなっているために
肌の赤みが出てしまうので肌を保湿して
肌のバリア機能を高めることで肌の赤みを改善するという化粧水です。

このようにしろ彩とウルウでは配合成分の違いで
肌の赤みに対するアプローチの仕方が違うことがわかります。

しろ彩は購入後肌に合わなければ返金保証がつく購入方法がありますが、
ウルウには返金保証がありませんので、
肌の赤みの化粧品を選ぶ上で選択肢の一つになるのではないでしょうか。

白漢しろ彩について、私が参考にしたサイトはこちらです⇒ 白漢しろ彩 口コミ

関連記事